浴室のリフォームの注意点

オリジナル見出し01

浴室をリフォームする際に注意する点が御座います。


マンションで古い浴室を新規のユニットバスに交換する場合に、搬入経路を検討する必要が御座います。



マンションによってエレベーターや階段を有効寸法も違いいます。

注目の日本経済新聞の知識が身につきます。

そのため、設備業者様へ前もって現場調査を依頼してしっかり事前に確認をしないで工事を進めると、実際に搬入した場合に、階段の通路を通れなかったり、エレベーターに入らなかったりなどの問題点が出きます。

そうなった場合に、搬入費用が割高になる場合があるため注意が必要です。

また、浴室に付随する脱衣室のリフォームも重要です。脱衣室はお風呂に入った濡れた状態で歩くため、床はフローリングなどの木質系の床材より、塩ビタイルなどの濡れても良い床材に吸収されずに拭き取れる材質が良いです。

ユニットバスは、工期面やコスト面など優遇されますが、タイルや檜風呂などの自由性が欠ける面がデメリットとなります。

床や壁をタイル貼りにする際の注意点は、経年劣化でクラックや目地の陥落などが目立ってきます。それを修理した場合に部分交換出きる場合と、クラックが入ったタイルを剥がした場合に下地も劣化していた場合、下地から作り直さないと大規模な工事になる可能性が御座います。

浴室のリフォームを計画している場合は、まずショールームに自ら行き実際に見て触れて体験する方が良いです。

そして、設備業者様と何回も打ち合わせを行う事が重要です。



そして、納得する浴室リフォームをして頂きたいです。

関連リンク

  • タイトル21

    浴室をリフォームする際に注意する点が御座います。マンションで古い浴室を新規のユニットバスに交換する場合に、搬入経路を検討する必要が御座います。...

  • タイトル22

    若い年齢のうちは特に気にならないことでも、年齢が高くなるにつれ、何とかしたいと思うようになることがあります。たとえば浴室のリフォームがそうですが、温度差によって急激な体調変化が起こる、ヒートショック現象で心臓がドキドキしたり、寒くてたまらなくなることがあるので、年齢が高い人の場合は健康を脅かす危険性があります。...