家族に高齢者がいる家庭におすすめの浴室リフォーム

オリジナル見出し01

若い年齢のうちは特に気にならないことでも、年齢が高くなるにつれ、何とかしたいと思うようになることがあります。たとえば浴室のリフォームがそうですが、温度差によって急激な体調変化が起こる、ヒートショック現象で心臓がドキドキしたり、寒くてたまらなくなることがあるので、年齢が高い人の場合は健康を脅かす危険性があります。

朝日新聞デジタルの相談ならココです。

ヒートショック現象が起こると、血圧や脈拍が一気に上昇するので、心臓などの身体に大きな負担がかかってしまいます。高血圧や動脈硬化を患っている高齢者の場合は、死亡事故につながる恐れがあるので、浴室をリフォームすることで対処するようにしてください。



このような死亡事故は寒い冬に発生しやすいので、浴室と洗面所の温度にそれほど変化がないように、リフォームをしなければなりません。



温度差をなくす工夫が出来れば、急激な温度変化による体調不良を起こさなくなるので、暖房機能が付いた浴室乾燥機を取り付けるリフォームを行うことをおすすめします。

給湯器の中には床暖房が使えるタイプもあるので、それを設置すれば、室内をポカポカとあたためることが出来るでしょう。
お近くの工務店に相談すれば、それぞれの家庭に合った方法を提案してくれるので、まずは見積もりに来てもらうようにしてください。

工務店による説明と、見積もりの金額に納得することが出来れば、実際に工事を依頼すると良いでしょう。

家族に高齢者がいる家庭は、お部屋をあたたかくするような浴室リフォームを検討するようにしましょう。


関連リンク

  • タイトル21

    浴室をリフォームする際に注意する点が御座います。マンションで古い浴室を新規のユニットバスに交換する場合に、搬入経路を検討する必要が御座います。...

  • タイトル22

    若い年齢のうちは特に気にならないことでも、年齢が高くなるにつれ、何とかしたいと思うようになることがあります。たとえば浴室のリフォームがそうですが、温度差によって急激な体調変化が起こる、ヒートショック現象で心臓がドキドキしたり、寒くてたまらなくなることがあるので、年齢が高い人の場合は健康を脅かす危険性があります。...