浴室のリフォームがおすすめです

オリジナル見出し01

新しい家を購入してから10年以上が経過して、水回りの汚れが気になってきたという人は多いでしょう。

毎日掃除をしていても、換気の関係もありカビが生えてしまいます。仕事が終わって一息ついて、ゆっくりとお風呂で疲れをいやすためにも、居心地のいい浴室にしておきたいものです。購入した当初は、あまり考えたことがなかった自分たちの老後のことが気になる、子供たちが大きくなって浴槽が狭く感じるようになったなど、家庭によってさまざまな事情があるでしょう。

朝日新聞デジタルについての情報をまとめたサイトです。

リフォームをするかしないかは別として、最近はどのような浴室が主流になってきているのか、リフォーム会社が開催しているフェアや、ショールームを見学してみてはいかがでしょうか。



多機能シャワー、ミストサウナ、浴室換気暖房乾燥機などの機能を新しくするもの、手すりやすべりにくい浴槽などのバリアフリーに対応したもの、毎日の掃除を楽にする汚れがつきにくいものなど、いろいろなリフォーム事例を見て、体験することができます。



自分たちの浴室に必要な機能はどのようなものか、理想のバスタイムはどんな感じなのか、家族で話し合って具体的に決めていくといいでしょう。


ショールームでは自由に見学するということもできますし、日時を予約をしておけば、詳しい説明を受けたり実際にプランニングをしてもらったりすることもできます。

プランニングをする場合は、浴室の広さやレイアウト図、写真などがあると、イメージがつきやすいので持参するといいでしょう。


関連リンク

  • タイトル21

    浴室をリフォームする際に注意する点が御座います。マンションで古い浴室を新規のユニットバスに交換する場合に、搬入経路を検討する必要が御座います。...

  • タイトル22

    若い年齢のうちは特に気にならないことでも、年齢が高くなるにつれ、何とかしたいと思うようになることがあります。たとえば浴室のリフォームがそうですが、温度差によって急激な体調変化が起こる、ヒートショック現象で心臓がドキドキしたり、寒くてたまらなくなることがあるので、年齢が高い人の場合は健康を脅かす危険性があります。...